八百万の神様◎

聖書の中に書かれている神様と

日本人が話す神様はまったく別物だ。

 

じゃあ日本人が言う「神様」の正体は何だろう?

 

ある人が言っていたのは、

八百万の神様=説明出来ないすごい現象

らしい(・∀・)(・∀・)(・∀・)

 

昔は説明出来ないことがたくさんあった。

たとえば雷とか地震とかの自然現象。

だから昔の人は全てのものに神が宿っていると考えた。

 

でも、科学技術が発達した今、

ほとんど解明されて説明出来るようになった。

 

そうすると、昔の人が神様だと言ってきたことは

結局神様じゃなかったから、

どんどん神様はいないよねってなった。

 

 

でも間違えないでほしいのは、

日本で考えてきた「八百万の神様」はいないけど、

宇宙も地球も人間も創造された唯一の方、

創造主「神様」は存在するということ。

 

 

日本の古い神様観を葬り去れ~( ^_^)/~~~

 

たまご

コメント

タイトルとURLをコピーしました