君が代の裏話◎

急に「君が代」を思い出した(なぜ笑)

 

日本の国歌だけど、

中学生までしか歌ってないなあ。

 

気になって歌詞の意味を調べてみた。

そしたら、面白い話を発見した(・∀・)★

 

 

日本語とは意味が異なるけど

君が代はヘブライ語でも歌えるらしい!!(なんとー)

※ヘブライ語は旧約聖書時代のユダヤ人が使ってた言葉

 

日本語の歌詞は

「この平和な世の中がずっと続きますように」

という意味らしい(´・ω・`)ステキ

 

 

そしてヘブライ語の歌詞の意味がこれ↓

 

「立ち上がれ!神を讃えよ!

神の選民であるシオンの民よ。

喜べ!(神の国を相続する)残された民よ!

人類に救いが訪れ、神の預言は成就した。

全地にあまねく宣べ伝えよ。」

 

( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)

 

 

めっちゃすごいこと歌ってる( ゚д゚)ワー

 

ちなみに作詞者は不明らしい。

 

国歌「君が代」の意味
日本の国歌「君が代」は、世界でも類をみないほど短い国歌です。その歌詞のルーツは平安時代に編纂された古今和歌集(延喜五905年)にあります。古今和歌集では「わが君は…」が初句となっていますが、それから1世紀後の和漢朗詠集では、「君が代は…」と歌われ始めました。いずれも「読み人知らず」の古歌とされています。

 

 

これで君が代歌いながら

神様に栄光を帰せるね( ´_ゝ`)フフフ

 

たまご

コメント

タイトルとURLをコピーしました