祝福のカエル◎

家の前でたまにヒキガエルに遭遇する(´・ω・`)

ヒキガエルは「祝福」を象徴するらしい。

 

ヒキガエルといえば、ある経緯を思い出す。

 

 

あるときの月明洞滞在中、

「私は天のために本当に何もして差し上げることができません。

何も出来ない自分が本当にもどかしいです。

私は天に対して一体何が出来るでしょうか?」と涙で祈った。

 

そうしてカエルを3回見た。

月明洞で見たのは初めてで、3回も見たから

これは何かありそうだと思ったがわからなかった(´ω`)

 

月明洞から帰ってきても、ずっと引っかかっていた…。

 

は!これだ!(゚ω゚)(゚ω゚)(゚ω゚)!!!

数日後、すごくしっくりくる悟りがあった。

 

 

永遠に愛してほしい。

私があなたに願うのはこれだけだ。

 

 

聖霊様がヒキガエル岩をプレゼントしてくださったとき、こうおっしゃった。

「愛する人が形象石を本当に好きだから、好きなものをプレゼントとしてあげた。

あなたたちも<好きなこと>をしてくれてこそうれしいように、

神様も御子も私聖霊も<好きなこと>をしてくれてこそうれしい。

神様と御子と私聖霊が<好きなこと>は何か。

永遠に変わることなく愛して生きることだ。

全能者にはすべてあるけれども、「対象の愛」だけがない。

だから「人間」を創造した。「愛の対象体」にしようとして。

だから永遠に変わることなく、愛して生きなさい」(摂理の御言葉)

 

 

命を伝道してほしいとか、主の体になって生きてほしいとか、

天がしてほしいことはたくさんあるけど、

一番願っているのは永遠な愛を成すことなんだ。

 

たまごが天のために出来ることは天を愛することなんだ!

 

 

 

玄関先のヒキガエルを横目に見ながら、

完全な愛を成そうと固く心に決めるのである。

 

◎たまご

コメント

タイトルとURLをコピーしました