さそり座の女◎

摂理ではよく芸術祭を行ないます。
目的は神様に栄光を帰す(神様を喜ばせる)ため!
内容は歌、ダンス、演劇など様々です。
みんな神様に捧げたい物を捧げます。
たまごは学生の頃、同い年のうさちゃんと
よく一緒に捧げていました。
(うさ子さんじゃないよ。リス似の説もある小動物女子*)
2人でよく捧げたのは替え歌!!(σ*´∀`*)σ
AKB48の会いたかったやUFO、学園天国とか
いろいろ替え歌してました。懐かしい…
個人的にクオリティ高く作れたのがこれ。
さそり座の女の替え歌で
摂理史の新婦
いいえ、私は 摂理史の新婦
お気のすむまで笑うがいいわ
キチガイ扱いされてでも
私は主の道付いていく
主に会い 狂えば
心 思い 命がけよ
いいえ、私は 摂理史の新婦
摂理の道は 一片丹心

※一片丹心(イルピョンタンシン)=韓国語で一途の意味
鄭明析先生は幼い頃から、神様を愛して、
周りから「気が狂った」と言われながらも
ただひたすら神様の願う生を生きました。
神様に一途な先生はとってもかっこいいです
( `・ω・´ )
◎たまご

コメント

タイトルとURLをコピーしました