◎転職奮闘記〜就労移行支援に通った話〜

◎たまご

休職していた私ですが、

復帰してすぐに会社の経営不振で

退職することになりました!爆


休職したときからお医者さんに

孤立だけはするな。と言われ、

勧められたのが『就労移行支援』でした。


就労移行支援とは障害のある方の社会参加をサポートする、

国の支援制度だそうです。

よくわかる就労移行支援(就労支援)|就労移行支援事業所LITALICOワークス
「就労移行支援(就労支援)ってなんだろう?」と、疑問に思っている方も多いと思います。ここでは、イラストを使って分かりやすく就労移行支援の全体の流れを説明します。就労移行支援で何ができて、どんな人がいるのか、利用料金はどれくらいかかるのか、他の福祉サービス「就労継続支援」との違いなどを説明していきます。


私はお医者さんに勧められるがまま

家の近くの就労移行支援事業所に通うことにしました。

施設ごとにプログラム内容も雰囲気も異なるので

見学に行って決めるのがよさそうですよ。


仕事を黙々とやる事業所もあるそうですが

私が通ったところは

職員さんや利用者さんとのコミュニケーションが多いところでした。

今まで職場で人と関わってこなかった私にとっては

一段階次元を上げる場所になりました。



私が通っていた事業所が

どんなところだったか少しレポってみる(・∀・)

↓↓↓↓



私は就職失敗して、出戻りしたので

結局1年半くらい通っていました。


そこには身体障害(車いす)の方や

発達障害や精神障害の方。

下は10代から上は60代まで。

本当に様々な境遇の方がいらっしゃいました。


ビジネスマナーを学んだり

コミュニケーション力をつけたり

自己表現力や読解力をつけたり。。

学生に戻ったような感じでした笑


「失敗してもいい場所」

そのように施設長はおっしゃってましたが、

失敗が苦手な私にとっては

ありがたくもあり難しくもありました。


私はピリピリした空気が苦手なようで

利用者さん同士が揉めてしまった時、

部屋の外に逃げて泣いた事が何度かありました。笑


失敗というか、

自分は何が苦手でいつ調子を崩すのかを

少し見つけられるようになりました。


いろんな境遇、いろんな考え方、

いろんな障害、いろんな個性。

就労移行支援を通して

神様が私の視野を広げてくださり、

自信と勇気をくださった機会だったと思っています。



レポ終了〜。(*´ω`*)

レポになったのだろうか。。



仕事をしたいのに出来ない。。

職場に復帰するのが怖い。。

そんなつらい状況の中で、

また新しい環境に踏み出すのは

大変なことだと思いますが、

まずは見学から。

まずは週一から。

前に進むきっかけになれたらと思います^^


◎たまご

コメント

タイトルとURLをコピーしました