日々発展!(byべあー)

こんにちは♬*゚

 

世界の珍〇〇とか好きなべあーです(。・(エ)・。)ノ

 

以前、ユーチューブで

「外部から全く侵入を許さない島がある」というのを見たことがあります。

ヘリで近づくと、矢をヘリに向かって打つそうです。(怖

 

きっと、「原始人」のような生活をしている人たちが住んでいるのだろうなぁ。

発展している世界があるのに、知らずに生きているのだろうなぁ。

 

なんて思いました。

 

********

 

地球世界が全て発達して「神の次元」で生きているのに、

原始人たちの子孫はいまだに昔と変わることなく、

自分の先祖の時のように生きていく。 

神様がお助けになるのにどうしてそうなのか?

神様が<原始人の世界>は少し助け、<発達した世界>はもっとたくさん助けたということか?

 <発達した世界>は神様を信じて、その考えを受けて、

しきりに自分の古い生を抜け出すために命を懸けて努力し、労苦し、研究しつつ行なった。 

しかし原始人たちは自分の生を抜け出そうとせず、

そのまま生きることを願う。

この違いだ。  

 

<人間の脳>は生きていく中で

「自分の生においてもっとまさった考え」が浮かんでくるし、

「もっとまさったもの」を見るようになる。

このことを行ないつつ発達してきた。 

しかし原始人たちはこのことをやらなかった。

「もっとまさったもの」を容認せず、

以前生きたとおりに生きる。

 

********

 

本当にその通りだ。

と思ったと同時に

縮小して自分自身を当てはめてみました。

 

…私は、以前生きた通りから抜け出しているかな??

慣れたやり方で、ついついやってしまうこと…

もっと視野を広げようとする意識と、受け入れる体質…

 

うーん

意識して直さないとですね!

 

原始人は嫌だー…!(;゚∀゚)

 

 

べあー(●´(エ)`●)♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました