沈黙ーサイレンスー

こんにちは☆

夜な夜な一人で映画鑑賞したべあーです(●´(エ)`●)

何を見たかというと…

「沈黙ーサイレンスー」

 

これは、江戸時代のキリシタン迫害の映画です。

終始、胸が痛くなる思いでした。

海外からはるばる「エホバ神様」について伝えにきた宣教師が主人公なのですが、

彼らと、日本のキリシタンに対して行ってきたことが、

あまりにも残忍でした。

日本人の殉教者はローマの次に多いと言われています。

私たちの祖先の多くは、命懸けで、命を捨ててまで守りたい

「神様への思い」が強くあったこと。

私たち子孫は、その「思い」をもっと知るべきではないか。とも思います。

この大きな犠牲と苦痛があった上に、今の私たち、摂理の歴史が広がってきているのだなと改めて感じました。

摂理の人は勿論、キリスト教について知らない人たちにも見てもらいたい映画です。

べあー(●´(エ)`●)

コメント

タイトルとURLをコピーしました