愛情

こんにちは☆

甥っ子を通して、愛情の伝え方を考えたべあーです(●´(エ)`●)

姉と母で買い物をした時、一番下の甥っ子(1歳)も一緒でした。

会ったときは寝てたのですが、

途中から起きまして…

私が抱っこしてました。(甥っ子溺愛なのです笑)

甥っ子は、「ん!」と何でも指を指して何かを訴えかけます。

甥っ子:「ん!」

べあー:「あれは、ドラッグストアだねー。」

甥っ子:「ん!」

べあー:「あれは、日興證券だねー。」

甥っ子:「んんー!!」

べあー:「そうだね、あれはお兄ちゃん達がよく食べている、蒟蒻ゼリーだねー。」

と、全てに答えてあげていました。

「そんな一つ一つ答えても、本人は分かってないから無駄。」

と姉から言われましたが、

分かってなくても、何か答えてくれている。というのは、感じるんじゃないかな…

と思い、続けて答えてあげ、

興味を持つものには、一緒に興味をもちました。

笑うときは、一緒に笑ってみました。

立ったら立ってあげて、

しゃがんだら、しゃがんであげました。

あっという間に時間が過ぎて

帰る時間になると…

なんと、私から離れず、母である姉が抱っこすると、泣き出してしまい…

え、こんなこと、あるの??

と私は嬉しさよりも驚きが強かったです。

愛情って、理解ではなくて、真心で感じていくものだなぁ、と改めて感じたし、

続けてあげることだなぁと思いました(^o^)

次元は全然違うけれど、

神様、聖霊様、御子主にも

このように、同じ方向をみて、ついていき

一緒に行い、同じ感情をもつことが、愛になっていくのだなぁと改めて感じました…☆

べあー(●´(エ)`●)

コメント

タイトルとURLをコピーしました