甥っ子から神様の心情を悟る②(byべあー)

こんにちは☆

甥っ子を見て、神様の心情を悟ったべあーです(●´(エ)`●)

次男が「自転車に乗る練習をする!」

ということで、

練習を手伝っていました。

支えてあげつつ

「漕いで!漕いで!」

「そうそう、いい感じ!」

「転んでもいいから!」

と、ひたすら応援をしました。

このように

御心、神様が願われることに挑戦するとき、

神様も、聖霊様も、一緒に行ってくださって、

応援してくださっているのだなぁと思いました。

さらに…

その様子を見ていた三男(2歳)が

「(自転車)乗りたい」と言い出し…

え?乗りたい?(;゜∀゜)

と戸惑いながらも、

とりあえず、サドルに乗せ、ハンドルを絶対離さないように。

といい、

ひたすら押してあげました。

もちろん、ペダルに脚は届かないので

私が中腰で、自転車を支えて走りました。

なかなかきつかったです。笑

しかし、

三男は「自転車に乗れた!」と、

喜んでいました。

*****

人間は、何かできたとき、

自分一人でやった、と考えていますが、

全てのことは、90~95%、神様がしてくださっていて

5~10%、人間が行ったことで、なされています。

人間の分…ほんとにわずかですよね。

神様が「できるように」と、いつも環境を整えてくださり、

力や知恵、インスピレーションなど与えてくださっています。

だから、

何かできたとき、何か得たとき、

喜びと感謝を捧げてこそ

神様も、また祝福して与えてくださいます。

*****

この後、三男に

「また乗りたい」と何度も言われました。

疲れましたが

その喜ぶ姿や

「遊んでくれてありがとう!」と

言われると

もう一度、やってあげたくなります。

そして

次の日は筋肉痛でした。笑

べあー(●´(エ)`●)

コメント

タイトルとURLをコピーしました