動物(byべあー)

こんにちはきらきら

あんこ好きはおばあちゃんゆずりと判明したべあーですクマクマ

 

お見舞いに持って行ったあんころ餅、分けっこしようとしたら、全部食べてた…

食欲あって良かったです。笑

 

この間、姉、甥っ子と動物園行きました星

 

動物大好きなべあーは、甥っ子に負けず楽しみました笑

 

私の衝撃であり、「聖書って面白い!」と思えた御言葉ですが

「聖書に書かれている動物、植物は、その人の特徴を例えている」というものでした。

 

「あの人は薔薇だね」といえば

綺麗だけれど、棘があるばら

というような例えですね。

 

ここで動物が沢山でてくる聖句を紹介

↓↓↓

イザヤ書

11:6 おおかみは小羊と共にやどり、ひょうは子やぎと共に伏し、子牛、若じし、肥えたる家畜は共にいて、小さいわらべに導かれ、 
11:7 雌牛と熊とは食い物を共にし、牛の子と熊の子と共に伏し、ししは牛のようにわらを食い、 
11:8 乳のみ子は毒蛇のほらに戯れ、乳離れの子は手をまむしの穴に入れる。 
11:9 彼らはわが聖なる山のどこにおいても、そこなうことなく、やぶることがない。水が海をおおっているように、主を知る知識が地に満ちるからである。 

 

文字通り読めば

「食物連鎖のない、とんでもない世界」

ですが、 

例えなので「おおかみのような人と子羊のような人が共に過ごす。」ということです星

 

うーん、平和だ!やったはーと

 

この平和の理由は

主を知る知識(つまり御言葉)が満ちるからである。

とあります本

 

御言葉を知って

その御言葉を行うことが

平和と繋がりますはーと

 

 

ハレルヤきらきら

 

べあークマ

 

 

********

おまけ

 

聖書に書いていない動物もいますが

出会った動物を紹介します☆

 

*リス

小屋から三匹並んで顔を出してました幸せ

可愛すぎるー幸せ

鄭明析先生の故郷、ウォルミョンドンにも、リスがいて、「道案内をしてくれた」という経緯がある人もいます。すごい。

 

*フクロウ

白フクロウは「森の賢者」とよばれているそう。かっこいい。。

 

*カミツキガメ

とても気性が荒く、大人の指も簡単に噛みちぎるそう。

ちょっかいをだしたり、危険と感じるときに、攻撃するそう。

 

*アヒル

これはコールダックという、世界最小のアヒル。

品種改良され、ペットとして人気だそう。人懐っこい。

 

*甥っ子

魚と戯れてますね。

子供聖書を読んでとせがみます。

何章読んでも「もうちょっと!」と言うので恐ろしいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました