摂理インタビュー★~ナオコさんの話~

 

どーも、たまごです(・∀・)♪

今回はたまごの教会のお姉さん、ナオコさんにお話を聞きました!

 

ナオコさんはとても正直で、いつも赤裸々に話してくださいます笑

よく社会のものすごい荒波に揉まれながらも、

笑顔と主の精神で打ち勝ってきた話を聞いています!

 

そんなナオコさんのインタビューです(・∀・)☆

 

 

◆ナオコさんは摂理に来る前、神様を信じてましたか?

 

信じていました^^

日本の八百万の神様ではなく、唯一神の神様を信じていました。

家がキリスト教というわけではなかったんですが、

神様が絶対に守ってくれていると小さい頃から思っていて、

自分に起こることは何か意味があるだろうと思っていました。

 

 

◆御言葉を学ぶきっかけは何だったんですか?

 

大学一年のとき、イタリア旅行でたくさんの教会を見てきて、

教会の建物が本当にすばらしかったんですけど、

キリスト教について全然知らなかったんですよね。

それでキリスト教や聖書について興味を持ちました。

 

ちょうどその時期、大学の英語の先生が

「大学生のうちに聖書くらいは読まないといけない」と

話していたのが印象的で、

それもきっかけで聖書を学びたいと思いました。

 

摂理との出会いは、そのイタリア旅行に行った先で、

偶然、摂理のメンバーに出会ったことからでした。

イタリアに行ったのは私の人生でその1度だけです。

本当に神様の導きだったと確信しています。

 

 

 

 ◆ナオコさんは摂理に来て大変だった事はありますか?

 

実は摂理に来た当初は、摂理のメンバーと全然話が合わなくて

摂理にいても楽しいと思えなかったんです…。

でも自分の意志で出ていくのは「途中で止める」感じがして嫌でした(^^;

 

クリスマス会の時に合唱で歌った

「花婿来まさば」という歌がとっても良くて!

それで神様に

「私が3年半この歌を神様に捧げます。

れでも摂理が楽しくならなければ、

私は摂理の教会から出て行きます!」と告げて、それから毎日歌いました。

その間に社会人になって、いろんな経験をしていくなかで、

気が付いたら摂理が楽しいと思うようになりました。

歌い始めて1年半、徐々に歌わなくなっていきました。

 

もちろんいつも楽しいことばかりではないけれど、

摂理で過ごす中でたくさん神様が働きかけてくださって、

たくさんの祝福を受けているのを感じています。

 

 

◆チョンミョンソク先生にお会いした時のことを教えてください。

 

先生に初めてお会いしたのは、

2001年、国際文化芸術平和協会(GACP)

サッカー大会がハワイで開催された時でした。

 

大会が終わって、ハワイ滞在最終日に

先生が御言葉を伝えてくださいました。

その時の主題が「昼は雲の柱、夜は火の柱」でした。

 

ハワイといえば太陽が照りつけているイメージで、

実際、摂理のメンバーだけで

海に行ったときも太陽が出ていて暑かったんですが、

大会中に先生がいらっしゃる時には、

空が分厚い雲で覆われて太陽が出ていなかったんです。

夜は灯りの下で、各国から集まった参加者たちと一緒に

芸術祭をして楽しく過ごしていました。

 

御言葉を聞きながら、

本当にこの人から神様の御言葉が出ているんだなあと悟りました。

天候もすべてを使って神様が働かれる人なんだと実感しました。

 

芸術祭で先生は手品を披露してくださったんですが、

みんなを楽しませようとする姿がとても可愛らしかったです。

今考えると、あまりにも多忙な先生が

どうやって手品を練習する時間を取れたのか不思議に思います。

でもそれほどまでに私たちを愛してくださっているんだなあと思います。

 

 

◆最後に、読者の方々に一言お願いします!

 

キリスト教福音宣教会(摂理)は宗教ではなく生活です。

摂理で拘束されることはないし、お金を取られることもありません。

むしろ、いろいろ良くしてくれます。

なにより神様がたくさんのプレゼントをくれます!

嫌だと思ったらすぐにでも出てこられるので、

とりあえず一度、摂理で聖書について学んでみてください^^

 

 

 

ナオコさん、貴重なお話ありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました