父の日

UTAです。

 

もうすぐ父の日ですね。

少し早いですが

父が東京に来るとのことで妹とランチをプレゼントしました。

(結局父が出してくれましたが。。。)

 

父と会うのは2月ぶりくらい。

父は娘たちに久しぶりに会って

「幸せだ。幸せだ」と連発していました。

 

お互いの近況を話したり

今世の中で起こっていることについて

意見を言い合ったり

他愛もない話をして過ごしました。

 

コロナの影響で自粛生活が始まったときから

東京にいる私たちを心配して憐れんで

何度も連絡をくれていました。

 

親の子供への愛って本当に偉大で計り知れなく

神様が与えて下さる心なのだろうなと感じました。

 

また

会うだけで

少し話す時間を持つだけで幸せと感じてくれたり

父の日や誕生日や記念日にちょっとしたプレゼントをするのですが

いつも泣いて喜んでくれます。

 

父に

このような喜びを与えられるのは私たち子供だけなんだろうなと

他の人にはできないんだろうなとも感じました。

 

親子の関係って深くて深いと感じるしかありません。

 

父の姿をみながら

神様と私の関係も深く考えました。

 

私と父の関係は切っても切れないように

私と神様の関係も切ることができない

私にとって父がいなくては耐えられないように

私にとって神様がいなくては耐えられない

父が子供からしか得られない喜びがあるように

私しか神様へ与えられない喜びがある

 

神様と人間の関係はもっと深くて深くて悟りきれません。

神様は親子の愛よりも深い愛で私を見て下さっています。

そんな神様がいてくださるから幸せです。

しかし神様は愛が深いからこそ大きいからこそ

私を見てもどかしく思うところはたくさんなんだろうなとも感じます。

 

 

ランチ後に

母に

父と妹とのランチの報告をしたら

「お父さん喜んだでしょ。ありがとう」

父と母の関係も素敵だなといつも感じています。

 

 

今日も愛について考える機会を与えて下さって感謝します。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました