傑作品

UTA

灼熱の夏。

“暑中お見舞い申し上げます”という言葉を交わす意味がすごく分かる気がします。


今夏のお盆休みは帰省せず家で過ごしました。

帰省の楽しみの一つは実家の庭に育った野菜たちを食すこと。

実家での朝食のサラダは庭から採ってきた野菜たちが食卓にならびます。

野菜たち本当に美味しいんです。

あー食べられなくて残念だなと思ていたら

昨日両親から実家の庭に実っている野菜たちの写真が送られていました。

わー今年もたくさん実っている!!傑作品だ!!

父親が土を耕し、母親が毎日毎日管理をし、両親の愛による作品です。

こんなに立派に育てられるなんて尊敬します。

早くこの野菜たちを食べられる日が来ますように

コメント

タイトルとURLをコピーしました